生活習慣を見直そう

不規則な生活をする人たちのイラスト

皆さん日頃の生活を正しく過ごせていますか?普段からストレスを溜めないことや運動を心がけ、偏食・禁煙をして規則正しい生活を過ごすことで生活習慣病を防ぐことができます。では生活習慣についてお話していきます。

生活習慣が乱れていると動脈硬化が進行する

動脈硬化にならないよう気を付けたい肥満男性

生活習慣が乱れると、高血圧、糖尿病、高脂血症、などの生活習慣病のリスクが高くなります。すると次に起こるのは、動脈硬化です。動脈硬化は比較的年齢の高い人に起こる症状と言われていましたが、今では食生活の変化によって肥満になる人が増えて、若い人でも発症するケースが増えています。動脈硬化は、血管が柔軟性を失って硬くなる症状です。柔軟性を失った血管は血液を流しにくくなり、それに伴って心臓が全身に血液を押し出す時の圧力が高くなるので、高血圧になることもあります。高齢者は最高血圧が高めになるのが特徴です。高齢者の動脈硬化は、体が水分を失うことによって起こります。年をとると肌が乾燥してきますが、それが体の内側の血管でも起こります。水分を失うと干からびて硬くなり、弾力性が失われるということです。若い人の場合には水分不足というよりも、高血圧や糖尿病によって血管が傷めつけられることによって症状が進行します。塩分の過剰摂取で高血圧になれば、血管の中の水分量が多くなるので通常よりも余計に血管に負担がかかります。この圧力に負けないように血管が硬くなろうとするので、動脈硬化になります。糖尿病では、血液中のブドウ糖が血管や神経を攻撃します。血管が攻撃されると、それをカバーするように血管が硬くなり、動脈硬化が進行します。また、攻撃された部分を補修しようとして肝臓からLDLコレステロールが分泌されて、それが固まって血管を詰まらせてしまうこともあります。
すると塊部分の前の血管に圧力がかかり、余計な負荷をかけてしまうことになります。
高血圧、糖尿病、高脂血症は、どれも動脈硬化のリスクを高めます。動脈硬化が進行すると脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる病気を引き起こしてしまう危険性もあります。

生活習慣を見直さなければ最悪死に至ることも

生活習慣病の最終段階は、血管が詰まって起こる脳梗塞や心筋梗塞が起こります。肥満に加えて高血圧、高血糖、高コレステロール、といった3条件の中の2つが当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。この状態は、かなり体にとって危険な状態です。太っていても健康なら良いという人もいますが、メタボリックシンドロームは健康な状態ではありません。高血圧は血管に大きな負担をかけますし、糖尿病は神経や血管をボロボロにしてしまう病気です。コレステロールが高ければ、血液の流れが悪くなって詰まりやすくなります。どれも見過ごせない状態ですが、改善するのは難しいものです。生活習慣は長年の習慣によって根付いているものなので、今すぐに改めろと言われて変えられるものではありません。しかし、今すぐにでも変えないと最悪の場合命に関わる危険性があります。
脳梗塞は脳の血管が詰まってしまう病気です。脳に酸素や栄養が行かないということは、生命維持装置が機能しなくなっているということです。こうなってしまうと、呼吸も自分でできなくなって命を落としてしまうか、助かったとしても半身不随などの後遺症が残ってしまう可能性もあります。心筋梗塞は、心臓のまわりにある冠状動脈が詰まって起こる病気です。激しい胸の痛みが起こり、心臓が機能しなくなるので全身に血液が行かなくなります。酸素と栄養素が届けられなくなり、死に至る危険性があります。生活習慣病というとあまり怖い感じがしないかもしれませんが、実際には命に関わるケースもあります。一度病気になってしまえば、命が助かってもその後は一生薬を飲み続けなければなくなったり、自由に食べたり、動けなくなる可能性もあります。

生活習慣で一番気をつけること

食べ過ぎの女性

生活習慣病のリスクを高めてしまうことには、食べ過ぎ、運動不足、アルコールやタバコなどの嗜好品のとりすぎ、などがあります。どれも改善すべきことですが、一番気をつけたいのは食べ過ぎです。
食べるという行為は、単にお腹を満たすだけではありません。美味しいものを食べて気持ちをリラックスさせたり、誰かと一緒に食べることで喜びを感じたり、栄養バランスを整えて身体を維持することも含まれています。もし食事がうまくいかなくなれば、感情が乏しくなってしまったり、栄養バランスが崩れて体調を崩したり、といった弊害が出てきます。すると糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも上がります。動脈硬化になって脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる病気に罹る危険性もあります。そこまでいかなくても、現代型栄養失調と言って、摂取カロリーは多いにも関わらず、たんぱく質やミネラル、ビタミンなどの必要な栄養素が足りなくて常に体調の悪さを訴えるケースもあります。心では、摂食障害という普通に食べられなくなる病気にかかってしまう危険性もあります。食べ過ぎるのは過食症で、食べ過ぎた後悔から、食べたものを吐き出す過食嘔吐などの症状があらわれることもあります。また、過食から立ち直る過程で何も食べられなくなる拒食症に移行するなど、心が壊れていってしまうこともあります。生活習慣の食事は、単にお腹を満たすだけの行為ではありません。気持ちを満足させる、栄養を摂取して生きて行くために必要な物質を作り出す、などの役割があります。
食べ過ぎは控えて、腹八分目に食べるようにしましょう。最初に野菜から食べると糖質や脂質の吸収が抑えられるので、ダイエット効果が期待できます。

■正しい食事の量と快適な睡眠で生活習慣を正しくしましょう
睡眠導入剤
■生活習慣を気を付けていても、体が弱った時におこってしまう胃痛や胸やけの症状を和らげます
ネキシウム